「われわれは未知の領域に突入した」北極の海氷面積が最小記録を更新

アメリカの NSIDC (国立雪氷データセンター)のプレスリリースによると、今年の北極の海氷減少が最小を迎えたとのことです。今年の最終的な海氷面積は約 341 万平方キロにまで下がり、観測史上過去最少の面積となりました。 前回、記録を更新したのは 2007 年(上の図の緑線)。今回はそれを大幅に下回る海氷面積で、研究者の間では驚きとともに受け止められています。